ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在している成分で肌の保水機能を担っています。 しわはこのヒアルロン酸を利用すれば注射だけで手軽に目立たなくすることができることから、とても人気の施術。 ダウンタイムや入院の必要がなく、施術自体も短時間で終了します。 当日は化粧をして帰ることができますが、施術を受けたことを他者に気づかれにくいのもまたメリットの一つです。

しわ治療の注射「ヒアルロン酸」

しわを治療するためにヒアルロン酸注射
ヒアルロン酸は、皮膚や皮下組織などもともと人間の体内にも備わっていることから生体へのなじみも良く、こうしている今も数多くの医療分野で利用され続けている成分です。

肌の保水機能を担っていて、アレルギーのリスクもないからコスメ製品には保湿成分として引っ張りダコ。

年齢を重ねることでしだいに数が増えてきてしまうしわも、このヒアルロン酸を利用すれば注射一本で手軽に目立たなくすることができます。
ヒアルロン酸を皮膚の下へと注入することでしわの溝を盛り上がらせ肌にハリを作るのがヒアルロン酸注射の方法。

ヒアルロン酸注入のメリットは何と言ってもダウンタイムが必要ないことでしょう。
施術はものの数分で終了し、あとはそのまま化粧をして帰ることができます。
入院の必要もありません。

また、施術を受けたことを周囲に気づかれないぐらい自然な仕上がりなのも人気のヒミツ。
印象が変わって見えてもヒアルロン酸注入だとはわからず、「痩せた?」と言われる事や、「化粧を変えたんだ」と思われることが多いようです。

今やしわ解消の定番とも言えるヒアルロン酸注入は適応箇所も豊富。
額の横じわ、眉間の縦じわ、「カラスの足跡」と呼ばれる目尻のしわ、口元の笑いじわ、ほうれい線など、特に女性が悩みを抱えることの多いあらゆるしわへ効果を発揮します。

ただし、ヒアルロン酸は前述したように大変生体へのなじみが良いため、施術後はその効果を十分発揮し続けますが、しばらく経過すると少しずつ体内に吸収され効き目が見られなくなってしまいます。
効果を持続させたい場合には定期的に再注入するのがオススメな施術。

しわ治療のヒアルロン酸注射とコラーゲン注射の違いって?

ヒアルロン酸はムコ多糖類というデンプン質の一種でコラーゲンはたんぱく質の仲間。
人間の体内でヒアルロン酸が水分を保持しているのならコラーゲンは皮膚にハリや弾力を持たせる働きをしています。
コラーゲン注射はしわよりむしろ皮膚のへこみや変形の改善に良く用いられている施術法。
自分の悩みに対しヒアルロン酸注射が良いのかコラーゲン注射が良いのかは、医師と良く話し合った上でその指示に従うのがベストです。

ところで皆さんはヒアルロン酸とコラーゲンの違いってわかりますか?
どちらも有名な保湿成分ですが意外とその差を理解している人は少ないのではないでしょうか。

ヒアルロン酸はムコ多糖類という、いわゆるデンプン質の一種。
人間の体のおよそ7割を占めている水分はこのムコ多糖類からなっており、その中でもヒアルロン酸は特に保水機能が高いため細胞をたっぷりと潤す働きをしています。

コラーゲンはたんぱく質の一種。
皮膚のあらゆる部分に存在し真皮層を構成している主成分となっています。
非常に弾力のある繊維状の物質で、細胞と細胞をつなぎ合わせるというとても大切な役割を持っています。

つまり、一言で言うならヒアルロン酸が水分を保持し、コラーゲンが皮膚にハリや弾力を持たせているというわけです。

コラーゲン注射はしわではなく、どちらかというと皮膚のへこみや変形の改善に良く用いられている施術法で、ヒアルロン酸と違って稀にアレルギー反応を起こす人もいるため事前に検査が行われています。

――しわなど自分の悩みに対しヒアルロン酸注射が良いのかコラーゲン注射が良いのかは、医師と良く話し合った上でその指示に従うようにしましょう。
施術前のカウンセリングはとても大切です。
ヒアルロン酸とコラーゲンの違いなど、疑問に思ったことについては何でもきちんと問いかけ、納得してから施術に挑むようにすると失敗のリスクも激減します。

このページの先頭へ