スキンケアにラップを活用して自宅でエステ

スキンケア基礎知識!化粧水を浸透させるポイント:ラップの活用

スキンケアにおいて大事なことは、綺麗にメイクを落とすことと、洗顔で綺麗に汚れや皮脂を取り除き、肌をできるだけ自然な状態で休めることだと言われています。
メイクや皮脂、汚れが毛穴をふさぎ、毛穴に汚れが詰まった状態であると、皮膚呼吸を妨げたり、代謝を抑制してしまい炎症を引き起こしやすい状態にしてしまうのです。
そのため健やかで美しい肌のためには、常に肌を清潔にし肌を自然の状態で休息させてあげることが大切なのです。

さらに艶やはりのある、ぷるんとした肌のためには、洗顔後の化粧水の添付方法にも注意を払わなければいけません。
化粧水は洗顔後30秒以内に添付するようにしなければいけません。
洗顔後はぬるま湯で毛穴が開いているので化粧水が非常に浸透しやすい状態なのです。
コットンや手のひらで優しく肌の奥まで浸透するよう意識して塗ることが大切です。

しかし化粧水の浸透は加齢とともに低下していきます。
そのため洗顔後に蒸しタオルを用意し、顔に蒸しタオルを1分ほど乗せるとさらに毛穴が開き、さらに化粧水の浸透が促進されます。
さらに化粧水を浸透させたければ、ラップなどを用いると浸透力が強まります。化粧水を付けた後、すぐにクリームや乳液を塗り化粧水の成分が蒸発してしまわないように閉じ込めます。
そしてその上からラップをかけ、しばらく放置すると、肌が指に吸い付くほどもっちり潤いのある肌に仕上がるのです。

こうしたラップを用いるスキンケアは、リップケアにも応用できます。
手持ちのリップクリームやグロスをたっぷり唇に塗り、ラップを唇にかけしばらく放置すると、ぷるんとセクシーで、ぼってりした唇に仕上がるのです。
ラップを用いれば、エステティックサロンでケアしたような美しいフェイスに仕上がるのです。

    
サブコンテンツ

手軽な美容整形でのしわ対策はこちら

このページの先頭へ